whois情報公開代行とは?お名前.comでドメインを取る前に要チェックです

whois情報公開代行とは

新たにドメインを取得する前にはブラックリスト入りしていないかを確認するなど注意点がありますが、もう1つ知っておきたいのがwhois情報公開代行についてです。

知らなきゃ知らないままでも特に問題は無いのですが後から知ると、

え、、、そんなこと知らなかったorz

という感じで落ち込みネットの怖さ!?を知るのがwhois情報公開代行。

何を隠そう私自身が全く無知なままドメインを取ってサイト運営を続けたため、ちょっと冷や汗をかいた経験があります(。´Д⊂)

そこで当ページではwhois情報公開代行について解説をしていきます!

whoisの意味

意味の分からない言葉が出てきたときには、とりあえず単語の意味を調べようということでwhoisの意味を冷静に考えてみます。

whois(フーイズ)のwhoは英単語だと「誰」という意味ですね。

そしてisを付けることで「誰が」という意味になります。

中学1年生で習うレベルの英単語なので簡単ですね!

 

whois情報=ドメイン取得者の情報と考えて下さい。

情報の内容

whois情報はドメイン名さえ分かれば簡単に調べることができて、どんな情報が分かるかというと以下の内容です。

  • 登録ドメイン名
  • レジストラ名
  • 登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
  • ドメイン名の登録年月日
  • ドメイン名の有効期限
  • ドメイン名登録者の名前および住所
  • 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
  • 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号

黄色の蛍光ペンを引いた部分が重要で個人で取得した場合、当然のことながら取得者自身の個人情報が分かってしまうのです。

ドメインを取得するためにドメイン提供会社にしかバレないだろうと思って入力した名前、住所、メルアド、電話番号はwhois情報として全世界に公開されます。

 

まあピンポイントでドメイン名を調べられることは滅多にありませんが、会社にバレないように副業でサイト作りをしている人にとっては嫌ですよね。

 

ちなみに調べ方はとっても簡単でwhois情報検索を提供しているページにドメイン名を打って調べるだけです。

例としてTECH-UNLIMiTEDさんが提供しているページを貼っておきます。

http://tech-unlimited.com/whois.html

 

試しにYahoo!JAPAN!を調べてみました!

結果はコチラ。

yahooのwhois情報

ご覧のようにyahoo.co.jpというドメインを管理しているのはヤフー株式会社であることが分かり担当者情報やメルアドも見えてます。

 

このように調べられたとき個人で取得していると、個人の氏名やメルアドが見えちゃうことになるのです、、、

 

え!個人情報が流出するなら独自ドメイン取るのは辞めようかな、、、

こんな風に考える人がほとんどだと思いますが個人情報を隠す方法はあるので安心して下さいね。

公開代行の意味

隠し方の前にwhois情報の後に次ぐ公開代行とはどんな意味なのでしょうか?

 

さっそく答えですが、whois情報をあなたの変わりに代行して公開しますよ!という意味になります。

 

ドメインを取るなら代行して公開してもらおう

whois情報公開代行というのはドメイン販売会社が提供しているサービスのことで、個人でドメインを取得した場合でもwhois情報をあなたの個人情報ではなくドメイン会社の名義にすることができるというもの!

無駄に個人情報を載せておく必要はないので是非利用しましょう。

どうやって利用するのか

実際のところ初めてドメインを取得するときにwhois情報公開代行なんて知らない人のほうが多いですし、ピンポイントでドメイン名を調べられない限りはサイト運営者の情報なんて分からないので気にすることはありません。

 

ただ当記事を読んだら隠したくなりますよね。

 

例としてドメイン販売会社の最大手であるお名前.comでwhois情報公開代行を利用する方法(個人情報を隠す)を紹介します。

お名前.comならチェックされているか確認

隠したいならお名前.comからドメインを購入する前の確認画面で、whois情報公開代行にチェックが入っているかを必ず確認してください!

whois情報公開代行を利用する

初期設定ではチェック済なのでクリックしなければ大丈夫ですが、知らない人にとっては怪しい欄にチェックが入っているので外したくなるものですが必ずそのままにしておきましょう!

(新規登録と同時なら無料)という文面があるように追加料金は掛からないので安心して下さい。

 

私の初めてのドメイン取得はお名前.comからでしたがチェックを外していたらしく、サイト運営を始めて数ヶ月後にwhois情報を知り自分のドメインを調べた結果、個人情報丸分かりになっていて背筋が凍った経験があります。

後からでも隠せますが有料です

whois情報公開代行は後からでも利用することができますがお名前.comの場合は1ドメインあたり980円/年の追加料金が発生するので、ドメイン更新のときはドメイン代/年+情報公開代行代¥980/年と約2倍の料金負担になります(。´Д⊂)

無料になるのはドメイン購入時だけで、あとからサービスを利用する場合は有料ということを知っておきましょう。

 

ちなみにwhois情報公開代行で料金を取るドメイン販売会社はお名前.comぐらいで、他の有名所であるムームードメインなどは後から申請しても追加料金無く無料です。

情報公開代行に対してお金を払うのは無駄なのでドメイン移管をオススメします。

そもそも他の販売会社だとwhois情報公開代行を使うのがデフォルトなので、購入時にチェックを外せたり入れたりという概念すらありません。

 

私が愛用しているドメイン販売会社のスタードメインだと、あえて個人情報を公開したいときは自分で登録情報を変更(スタードメイン名義から自分の個人情報をもう1度入力)しないといけませんからね。

下の画像はwhois情報の変更画面で名前のStar、名字のDomainは初期設定です。

郵便番号や住所もスタードメインの情報!

わざわざモザイクで隠す意味はありませんが一応、、、

スタードメインのwhois情報

再確認しておこう

既に独自ドメインを取ってサイト運営してるけどwhois情報なんて知らなかった方は、まず自分のドメインを調べて下さい。

http://tech-unlimited.com/whois.html

 

万が一、ドメイン会社名義ではなくて個人情報ダダ漏れだった場合は早急にwhois情報公開代行を利用しましょう!

基本的にお名前.com以外から購入したドメインなら会社名義ですし、お名前.comから買った場合でも初期設定のチェックを外さない限りは問題ないんですけどね。。。

 

私のように無駄なチェックは外す主義の人は要確認です!


副業で稼ぎたいあなたへ

副業で稼ぐために必要なノウハウやツールを無料でGETできるキャンペーンをまとめた特設ページを作りました。

本当にオススメできるキャンペーンのみを掲載&随時更新をしているのでぜひチェックしてください!


こちらでは私が副業アフィリエイトで稼げるようになった秘密をまとめた、『アフィリエイトで月収100万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

アフィリエイトの基礎知識、具体的なノウハウ、そして副業が勤務先にバレない方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。

少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!

その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


⇒友達追加はココから

whois情報公開代行とは


副業ブームの前に始めよう

アフィリエイトマーケットでは誰しもが稼げるようになる正しく再現性の高い方法を無料のメルマガ講座で公開中です。

そして登録いただいた方には『月収100万円を稼ぐための基礎知識・ノウハウを収録した限定マニュアル』をプレゼント中!

※日本政府が今年度中に副業を解禁するようですが、2018年6月現在では原則禁止です。

解禁されてからではなく、先行者利益を得られる今!ライバルが少ないうちにアフィリエイトを始めることをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA