PS Auto Sitemapの使い方!HTMLサイトマップの作成プラグイン

htmlサイトマップの作成プラグイン

ウェブサイトにHTMLサイトマップのページを置くと訪れた人の満足度(ユーザビリティ)が上がると言われています。

参考までに当サイトのHTMLサイトマップはコレ。

当サイトの記事一覧(HTMLサイトマップ)

要は記事一覧ですね。

 

一見すると作るのがとっても面倒臭そうですがワードプレスならPS Auto Sitemapというプラグインを使えば、ちょっと高級なカップラーメンの待ち時間である5分以内に作ることができますよ!

PS Auto Sitemapをインストール

まずはプラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールして有効化しましょう。

手順は他のプラグインと同様で管理画面からプラグイン→新規追加→PS Auto Sitemapで検索。

インストールしたら有効化して終わりです。

Wordpressにプラグインをインストールして有効化する手順を図解説

2018.02.05

設定方法

有効化が終わると設定画面内にPS Auto Sitemapが追加されるのでクリックしましょう。

ps auto map

 

設定画面が開いたら下にスクロールしてご丁寧にご利用方法が書いてあるので指示に従います。

ご利用方法

サイトマップを表示させたい記事を作成します。

作成した記事のcontent部分に、HTMLモードで以下のコードを入力します。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

記事編集画面で記事ID(アドレスバーの &post=nn )を確認し、『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

やることは簡単ですが文字にすると、ややこしいので次から図解説していきます。

サイトマップを表示するページを作成

サイトマップを表示するページが必要になるので固定ページを新たに作りましょう。

  1. 管理画面の固定ページから新規追加をクリック
  2. ビジュアルエディターからテキストエディタにする
  3. <!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>
  4. ↑の文字列をコピーして貼り付ける
ps auto sitemapの使い方

固定ページのタイトルはあなたの好きなように決めてOKです。

テキストエディタ内に<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>を貼り付けたら、とりあえず公開をしてください。

※ここで公開した段階では固定ページを見ても何も表示されませんが正しいので安心して下さい。

投稿IDを確認

公開できたらアドレスバーを確認して「post=〇〇」の部分を見つけて〇〇の数字を覚えるorメモしてください。

投稿id 投稿idの確認方法

当サイトの場合は「post=74」でした。

 

設定画面を再度開く

PS Auto Sitemapの設定画面を再度開いてサイトマップを表示する記事の空白欄に調べた投稿IDを入力したら、他の設定は後回しにして変更を保存ボタンをクリック。

ps auto sitemapの作り方

さっき作った固定ページを開くとサイトマップ(記事一覧)が、ずらーっと表示されます。

もし何も変わらない場合には固定ページのテキストエディタに<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>と正しく入力(ペースト)されているか、投稿IDが合っているかを確認しましょう。

 

詳細設定

次に後回しにしたその他設定について解説します。

表示させるページを決める

PS Auto Sitemapではサイトマップに表示させるページを決めることができます。

当サイトではホームぺージ(トップページ)は非表示で、あとの投稿リスト(記事)と固定ページは表示させています。

投稿リストを出力しないとHTMLサイトマップを作る意味がないので、ここの欄にチェックは必須!

表示させるページ

非表示にしたいカテゴリーや投稿を選ぶ

出力階層制限は基本的に制限なしで良いでしょう。

先に出力するリストは文字通り、先にどちらを表示するかを聞いています。

カテゴリーと投稿の表示ですが、投稿を分割にチェックを入れるとカテゴリーを選択してから記事が表示されるようになり使い勝手が悪いので同一マップ内にチェックのままでOK.

除外項目

除外カテゴリーは表示させたくないカテゴリーがあるときはIDを入力します。

カテゴリーIDの調べ方は投稿IDとほぼ同じで、管理画面の投稿→カテゴリー→カテゴリーページを開いてアドレスバーの中の「http://・・・tag_ID=〇〇・・・」の〇〇の数字。

 

除外記事は特定の記事もしくは固定ページを非表示にしたいときにIDを入力。

デザイン

スタイルの変更のプルダウンメニューはサイトマップのデザインを変えられる言わばテンプレートですね。

当サイトの場合スタイル無しですが、せっかく用意してくれているのに使わない理由はWordpressテーマ「ストーク」と干渉するからです。

使用しているテーマによって綺麗に使えないことがあるのでご注意を。

ps auto sitemapのデザイン

例えばストークでシンプルにすると箇条書きの中点がストークのデザインと被ります。

ps auto sitemapのシンプル

蛍光ペンでも同様でスタイリッシュとは言えません。

ps auto sitemapの蛍光ペン

 

最後の設定であるキャッシュの使用については、サイト表示速度高速化のためキャッシュ系プラグインを使用しているならチェックを外すのがベター。

WP Fastest Cache・Wordpress高速化のキャッシュプラグインの設定まとめ

2017.12.16

その他

サイトマップを表示させる定型文、<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>はテキストエディタ内であれば自由に配置できるので、上下にテキストや画像を入れて補足することも可能です。

せっかくなのでHTMLサイトマップから、この記事へのリンクを貼ってみた結果がコチラ。

サイトマップページ

このサイトマップはプラグインで作りましたと正直に告白しています。

 

ユーザビリティ向上のために作っておこう

HTMLサイトマップのページはサイトを見てくれるユーザーの満足度を高める効果があります。

スタイリッシュに言うなら”ユーザビリティ向上効果”

 

この人のサイト役に立つし面白いから全記事チェックしたい!

と思ってくれる人がどれだけいるか分かりませんが、数が少ないからこそ大切なユーザーさんです。

せっかくサイトマップを見てくれようとしたのに、サイトマップが無いorzと落ち込ませるのは悪いですからね。

 

直接的なSEO効果はありませんが当記事で紹介したように簡単に作れるので、まだ設置してない方は是非作ってみましょう!


副業で稼ぎたいあなたへ

副業で稼ぐために必要なノウハウやツールを無料でGETできるキャンペーンをまとめた特設ページを作りました。

本当にオススメできるキャンペーンのみを掲載&随時更新をしているのでぜひチェックしてください!


こちらでは私が副業アフィリエイトで稼げるようになった秘密をまとめた、『アフィリエイトで月収100万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

アフィリエイトの基礎知識、具体的なノウハウ、そして副業が勤務先にバレない方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。

少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!

その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


⇒友達追加はココから

htmlサイトマップの作成プラグイン


副業ブームの前に始めよう

アフィリエイトマーケットでは誰しもが稼げるようになる正しく再現性の高い方法を無料のメルマガ講座で公開中です。

そして登録いただいた方には『月収100万円を稼ぐための基礎知識・ノウハウを収録した限定マニュアル』をプレゼント中!

※日本政府が今年度中に副業を解禁するようですが、2018年6月現在では原則禁止です。

解禁されてからではなく、先行者利益を得られる今!ライバルが少ないうちにアフィリエイトを始めることをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA