Google XML Sitemapの使い方と設定!SEOのために必ず作ろう

google xml sitemapの使い方

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」は検索エンジンに向けたXMLサイトマップを作ることができます。

ページを見てくれる人のためのHTMLサイトマップ(人間向け)よりも重要と言っても過言ではなく、サイト全体の情報をクローラーに伝えてくれるのでSEO対策にも繋がります。

そこで今回はプラグインを使って簡単にXMLサイトマップを作る方法を紹介していきます!

Google XML Sitemapsをインストール

最初にプラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールして有効化しましょう。

手順は他のプラグインと同様で管理画面からプラグイン→新規追加→Google XML Sitemapsで検索。

インストールしたら有効化して終わりです。

Wordpressにプラグインをインストールして有効化する手順を図解説

2018.02.05

設定の方法

XMLサイトマップを作成するために設定画面を開きます。

左サイドバーの設定メニューにXML-Sitemapが追加されているのでクリック。

基本的な設定

最初に基本的な設定をしていきます。

3つのチェック項目がありますが、それぞれの意味は以下の通り。

  • サイトを更新したらgoogleに通知するか
  • 同じく更新したらBingに通知するか
  • サイトマップのURLをrobots.txtに追加するか
xmlサイトマップの設定

検索エンジンであるgoogle、Bing(Microsoftの検索エンジン)へサイト更新情報を伝えるのがXMLサイトマップの目的なので絶対にチェック!

robots.txtについてもサイトマップの情報を適切に通知するためには必須です。

 

高度な設定

高度な設定は初期設定のままで問題ありません。

xmlサイトマップの高度な設定

 

Additional Pages

Additional Pagesはサブドメイン、サブディレクトリで別サイトやコンテンツを作っているときにURLを追加できる項目。

基本的に無記入でOK

Additional Pagesの追加

 

投稿の優先順位

この項目は「優先順位を自動的に計算しない」にチェック。

もしあなたがコメントが多い記事を優先してクロールして欲しいなら、コメント数にチェックを入れると良いでしょう。

  • 優先順位を自動的に計算しない
  • コメント数
  • 平均コメント数

サイトマップに含めるコンテンツ

Sitemapコンテンツではサイトマップに含めたいコンテンツを選択でき、当サイトの場合は以下のピンク部分にチェックを入れています。

xmlサイトマップのコンテンツ

絶対にチェックを入れるべきなのはホームページ、投稿、カテゴリー、そして最終更新時刻。

固定ページに関しては運営サイトによりけりで、固定ページにもコンテンツを作っているならチェックを入れて下さい。

プライバシーポリシーや免責事項しか作ってないならチェックは不要。

 

その他、アーカイブ、投稿者、タグページにチェックを入れない理由は、無駄な情報だからです。

質の高い重要なページだけを含めることでサイトマップの適切化に繋がります。

カテゴリーページを入れるのはサイト構造を分かりやすく伝えるため。

 

Excluded Items

サイトマップに含めたくない記事やカテゴリーがあれば指定できます。

私はパスワード保護ページなど特定の人しか見られない投稿はサイトマップに含める意味がないと判断したので除外しました。

サイトマップに含めないページ

 

Change Frequencies

各ページにおける更新頻度を設定することでクローラーの巡回頻度をコントロールすることができますが、あくまでも参考程度なので考えすぎる必要はありません。

アーカイブ、タグ、投稿者ページはXMLサイトマップにも含めていませんしクロール不要と判断。

固定ページは稀に更新するので毎年に設定しました。

Change Frequencies

Excluded Items

クローラーに優先して来て欲しいページを決めることができます。

いつも更新しているから毎日のように来て欲しい!Welcome!大歓迎!のページは1.0。

散らかってるし来ても楽しくないところは0.0。

1.0~0.0の範囲で設定できます。

参考までに当サイト場合はこんな感じ。

各ページの優先順位

固定ページは稀にしか更新しないので0.2ですが、その他ホームページや投稿ページは割と更新してるので0.8。

怒涛のように更新しているなら1.0にすると良いでしょう!

これで設定は全て終わりなので設定を更新をクリック!

XMLサイトマップはこれで完成です。

 

サーチコンソールから送信する

XMLサイトマップは作って終わりではなく、ちゃんとgoogleに作ったよ!

という報告を行う必要があります。

 

サーチコンソールを開いてサイトマップの追加をしましょう。

サイトマップの送信

 

正しく送信されるとアイテムを送信しました。

ページを更新する。と表示されるので、更新するをクリックで完了!

サイトマップとインデックス数

始めてサイトマップを送信した場合は”保留中”のメッセージが出ますが、しばらく時間が経つと上の画面のようにサイトマップで送信したコンテンツ数とインデックスされた数が表示されます。

送信してすぐエラーが出た場合は入力ミスの可能性が高いです。

sitemap.xml

ではなくて

  • sitemaps.xml
  • sitemap.html
  • sitemap

などなど間違えていないか確認して下さい。

私自身は何故かsitemapsとsを付ける癖が抜けませんでした(´;ω;`)ウッ…

 

SEO対策として必須

XMLサイトマップは設定項目でも分かるように各ページのURL、更新頻度、構成などの情報を検索エンジンに伝えることができます。

解説したようにプラグインを使えば簡単なので、まだ作ってない方は必ず設置するようにしましょう!

PS Auto Sitemapの使い方!HTMLサイトマップの作成プラグイン

2018.02.09

副業で稼ぎたいあなたへ

副業で稼ぐために必要なノウハウやツールを無料でGETできるキャンペーンをまとめた特設ページを作りました。

本当にオススメできるキャンペーンのみを掲載&随時更新をしているのでぜひチェックしてください!


こちらでは私が副業アフィリエイトで稼げるようになった秘密をまとめた、『アフィリエイトで月収100万円を稼ぎたい”あなた”に見て欲しいマニュアル』をLINEで友達登録してくれた方に無料プレゼントしています。

アフィリエイトの基礎知識、具体的なノウハウ、そして副業が勤務先にバレない方法も収録しており、誰でも1から学べて始めることができます。

少しでも興味があれば気軽に登録して下さいね!

その他、副業全般に関する質問・相談も受付中ですm(_ _)m


⇒友達追加はココから

google xml sitemapの使い方


副業ブームの前に始めよう

アフィリエイトマーケットでは誰しもが稼げるようになる正しく再現性の高い方法を無料のメルマガ講座で公開中です。

そして登録いただいた方には『月収100万円を稼ぐための基礎知識・ノウハウを収録した限定マニュアル』をプレゼント中!

※日本政府が今年度中に副業を解禁するようですが、2018年6月現在では原則禁止です。

解禁されてからではなく、先行者利益を得られる今!ライバルが少ないうちにアフィリエイトを始めることをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA